前のコラムにQuake Championsが成功になれる不可欠な要素について書きました。そのときからPAX Eastというイベントが開催されて開発最中のゲームに関する情報がよく広がれていたのに、まだわからないことが多いです。あのカラムに主に自分の意見を述べましたので、他のゲーマー達はこの話題についてどう考えているかということに興味を持っていますので、経時的にクエイクコミュニティの大柱になったXavier'Zoot'Dhorneとのインタービューを行いました。

Zootがまだ知らない人に自己紹介をしてくれませんか。

こんにちは、Xavier Dhorne(ゼイヴィエ・ドルぬ )と申します。ZootというaliasでQuake Liveのコメンテーターやコンテンツプロデュースです。現在27歳で正社員として働きながら無性にビデオゲームを楽しんでいます。

Quakeとどんな関係がありますか。

Quakeはもう長年からプレイしてきました。1999年からQuakeをプレイしているんですが、オンラインコミュニティに本格的な活躍は2005年からです。2011年にCTFのトーナメントをコメンテーターとしてストリーミングすることにしました。結局のところCTFからDuelのゲームモードへ移動し、現在主にDuelをストリーミングをします。二年前卒業をして以来、ストリーミングの頻発がなかなか減ってきました。たまにストリーミングをしているんですが、居ないときにZLive TwitchチャネルがShpuldとFNXに器用に続けられてくれました。ピーク時、私もQuake LiveのLANイベントでキャスティングしたこともありますが、現在自分自身を同じようにプレイヤーとコメンテーターと見えます。

Quake Championsがよくプレイされていくの揃えなければならない要素は何ですかと思いますか。

答えが長すぎになりがちなので、そのかわりにコミュニティのプレイヤー保持の長生きには不可欠な見てほしい要素を簡潔なリストにまとめたいと思います。それぞれのチャンピオンの属性やゲームモードサポートや収益化の戦略に関する情報もうけっこう発表されているので、私自身が見てほしい要素を挙げます。
  • それぞれのゲームモードにカジュアルと競技的なマッチメイキングの積極的なサポート。
  • ゲーム内からトーナメント試合が観戦できる機能、自分で観点が選べるなど。
  • 今の全面がデータを被ってしまうことと違って、観戦のときに面白い統計が見えるインターフェース、最初から完璧なインタフェースを求めるのは理不尽すぎるのはわかりますが、継続的な更新がほしいですね。
  • Id Softwareから開催されてプレイヤー達が適当に参加できるゲーム内のトーナメント、シーズンがあればいいと思います。
  • チームやクラーンの設定。
  • 初心者向けの詳細なチュートリアル。
  • 確定されているチート対策ソフトウェア。
  • コミュニティから管理されているサーバー。
  • ルートボックスの利益の何割がマップメーカーやトーナメントやチームなどの提供として扱われていく制度。ゲームの背後にある営業手法はもちろん大切なんですが、ゲームのアイテム市場でコミュニティ活性を盛り上がるには役に立つかもしれません。
  • 別にPicmip16を求めているわけではないですが、できるだけ自由に自分のパソコンに合わせてビデオやゲーム内の設定をオプティマイズすることが経験者のゲーマーとして不可欠な要素です。
  • 選択肢が広いマップから選ぶことも大事です。プレイヤーたちがその選択肢からどんなマップがマッチメイキングでプレイしたいかと決められる自由も持っているべきだと思います。
さらに思い浮かべる要素があるにしても、id SoftwareとBethesdaが上述した要素を含む基本ゲームを開発したら、近代的で競技的なゲームを作り出したいという本格的な意向を表します。

Zootさんが作ったコンテンツはどこで見つかりますか。

メディアだと、ツイッターで @ZLiveTweets と Facebookがあります。
動画やストリームだと、 Youtube と Twitchで見つかります。